loading

  • 運用の流れ

Step01

対象者の登録

事前にLYKAONのカメラで対象者を撮像、 または写真データなどの静止画像を使って、 対象者を登録します。

症状の度合いなどでカテゴリーを分けることが可能です。

Level1
Level2
Level3

顔の角度が異なる画像を追加登録可能です。

推奨枚数

3

Step02

カメラの設置

STEP.1で登録した対象者が施設から出ていこうとした際に、 システムが検知できる出入口付近にカメラを設置します。

Step03

検知

徘徊による無断外出・離院が発生。 施設の出入口に設置されたカメラを通し、 システムが即座に対象者を検知し、

施設スタッフに無断外出・離院の発生を即座にお知らせします。

音量は「HIGH」「LOW」「OFF」の3段階で調整可能。

HIGH

LOW

OFF

カテゴリー毎に警告灯の色分けが可能。

Level1
Level2
Level3

Step04

モバイル通知

検知と同時に、 モバイル端末への通知がなされます。

職員が離れた場所にいる時でもすぐさま無断外出・離院の発生に気付くことができ、早期対応を可能にします。

Step05

検知履歴の収集

検知情報は履歴として蓄積されていくので、 その検知履歴を元に徘徊症状の把握が可能です。
検知履歴をクリックすると、詳細画面が表示されます。
検知した時の対象者の様子や、検知回数なども把握可能です。

資料請求はこちら