loading

本日、高齢者住宅新聞に「顔認証徘徊防止システムLYKAON」が掲載されました。
「徘徊行動に悩みを持つ施設や病院の関係者向けに、利用者が行方不明や事件・事故に巻き込まれることを未然に防ぐ目的で開発。
これは、徘徊症状ある人の保護だけではなく、まわりで支える人の負担軽減や、利用者家族の安心にもつながる。」と記事内にてご紹介を頂いております。

高齢化が進む中、305万人とも言われる国内の認知症患者がしばしば引き起こし、社会問題ともなっている徘徊行動。
徘徊行動は、行方不明や熱中症、凍死、交通事故な

BACK

資料請求はこちら