loading

  • TOPICS

認知症対策に 徘徊検知器の種類と選び方

徘徊検知器には様々な種類がありますが、それぞれの特徴とは?

徘徊感知器で救える認知症患者の命

認知症が増加傾向にある今。徘徊感知器があれば、介護の負担はもっと減らせるかもしれません。

認知症による行方不明者が3年連続で増加中

警察庁の統計によれば、2015年の認知症による行方不明者は12,208人。3年連続で増加という結果になりました。

認知症患者による徘徊の現状

社会問題となっている徘徊症状のデータと、徘徊症状によって起こりうる事件や事故、それによる影響をご紹介します。

認知症による鉄道事故、2014年度は28件

鉄道事故の中でも、認知症の方が徘徊中に事故に遭ってしまうケースは、決して少なくありません。2014年はその数、28件でした。

監視でも拘束でもない、LYKAONが作る徘徊対策の未来

LYKAONが、この国の介護問題を変えていく。私たちはこのLYKAONに懸けていきたい。

国を挙げた認知症対策『新オレンジプラン』とは

昨年、厚生省が発表した認知症施策推進総合戦略。超高齢化社会において、どのような部分で生活に関わってくるのでしょうか。

深刻化する高齢者の徘徊。私たちはどうするべきか。

高齢者による徘徊行動が問題化、国による具体的な対策も進まない中、私たちはこの問題にどう対処していくべきでしょうか?

顔認証システムを使った医療・介護施設の無断外出防止策

病院や介護施設で発生する無断外出の対策としてLYKAONを。

入院患者の無断離院対策

医療施設が抱える問題の一つ、無断離院。従来セキュリティにはない「顔認証」という方法で無断離院を対策。

徘徊リスクの高い人・低い人の特徴

徘徊は予測ができる?徘徊を起こしやすい人の特徴とは。

徘徊対応にお悩みの介護施設関係者様へ

介護施設関係者の方へ。施設職員に嬉しい4つの特徴をご紹介。

認知症患者による徘徊の原因と対策

認知症患者が徘徊に至ってしまう原因と、防止するための対策をご紹介します。

高齢者徘徊への対応

高齢化に伴い、増加する高齢者の徘徊行動。時には生命に関わる事故に繋がることも少なくありません。そんな高齢者に、私たちはどう対応すべきでしょうか。

資料請求はこちら