loading

  • TOPICS
  • 認知症患者による徘徊の原因と対策

認知症患者がしばしば取る行動の一つに、徘徊行動があります。 家の中や家の外をふらふらと歩き回るといった行動。
それが徘徊です。

一見すると、何の意味もなくただ彷徨い歩いているように見える徘徊ですが、実は認知症患者は意味もなく徘徊行動を取っているわけではありません。徘徊と言っても、実は本人はちゃんと目的があって歩いているのです。


徘徊行動が命をも脅かす

徘徊によって行方不明となった認知症患者の数は、年間1万人以上とも言われています。仮に警察などに保護されたとしても、認知症患者は自分の住所や名前をはっきりと伝えることができない場合もあります。
そうなってしまった場合、仮に保護をされたとしても、その人物が誰なのかを特定し、自分の家や介護施設などに送り返してあげることが非常に困難となってきます。

また、認知症になっていると、周囲への注意力が低下してきてしまうため、車が走っている中で車道の真ん中を歩いたり、電車が迫って来ている線路の中に入ったりと、非常に危険な行動を取るようになります。
また、真夏の炎天下の中で徘徊していて脱水症状になったり、真冬であれば最悪の場合凍死になってしまうことさえあるのです。

この様に、徘徊は命にも関わってくる非常に危険な行動で、高齢化が進んでいる現代では社会問題と言えるのです。


徘徊の原因

何かを探している

徘徊によって行方不明となった認知症患者の数は、年間1万人以上とも言われています。
仮に警察などに保護されたとしても、認知症患者は自分の住所や名前をはっきりと伝えることができない場合もあります。
そうなってしまった場合、仮に保護をされたとしても、その人物が誰なのかを特定し、自分の家や介護施設などに送り返してあげることが非常に困難となってきます。

また、認知症になっていると、周囲への注意力が低下してきてしまうため、車が走っている中で車道の真ん中を歩いたり、電車が迫って来ている線路の中に入ったりと、非常に危険な行動を取るようになります。
また、真夏の炎天下の中で徘徊していて脱水症状になったり、真冬であれば最悪の場合凍死になってしまうことさえあるのです。この様に、徘徊は命にも関わってくる非常に危険な行動で、高齢化が進んでいる現代では社会問題と言えるのです。


徘徊の原因

前頭側頭葉型認知症 特有の症状

いくつかの種類に分類される認知症の中でも、「前頭側頭葉型認知症」には同じ行為を繰り返すという特徴が見られます。
毎日同じ時間に同じコースを同じパターンで繰り返し歩く、といったケースです。
他の種類の認知症とは異なり、何かを探したり迷ったりしているわけではないので、行方不明になってしまうことは少ないかもしれませんが、やはり注意が必要です。


徘徊の対策方法

トイレには時間を決めて誘導を

トイレを探すための徘徊であれば、それはまだ初期の認知症の症状です。 その場合は、トイレの近くに部屋を変えてみるのも良いでしょう。
ただ、認知症が進行してしまってからだと、自分の部屋が認識できなくなってしまうので、その場合は逆効果となってしまうので注意が必要です。
トイレの時間を決めて、家族の方や施設の方がトイレまで誘導してあげるのも効果的な対処方法です。

可能な範囲で歩かせてあげましょう

じっとしていることができずに徘徊しているという場合であれば、可能な範囲内で歩かせてあげましょう。
お年寄りが歩く、つまり運動をするということは良いことなのです。
無理に徘徊を止めようとすると怒り出してしまうこともあり、ストレスになってしまいます。

デイサービスの利用

先述の通り、無理に徘徊をやめさせようとするとストレスに繋がってしまうこともあります。一緒に歩くことができるのであれば、短時間でも一緒に歩いて上げて下さい。
難しいようであれば、デイサービスなどの利用がオススメです。
徘徊行動は家族にとっても負担となってきますので、家族の方の負担を軽くするためにも、デイサービスなど外部機関の利用を検討してみましょう。

近隣住民に徘徊を伝えておく

徘徊があるということを近所の方に伝えておき、もしも外で一人で歩いているところを見かけたら連絡してもらうように頼んでおくことも大切です。
徘徊は家族の負担も大きいものですから、自分たちだけで抱え込まずに地域の方と協力し合っていくことも大切です。

徘徊防止システムの利用

顔認証機能を利用した、徘徊防止システムLYKAON。
こちらの端末を出入口などに設置することで、徘徊者が外に出かけようとした時にアラートで警告をしたり、スマートフォンへの通知をすることができます。

顔認証の技術を使用しているため、赤外線センサー等従来方式のセンサーとは異なり、対象となる徘徊行動を取る人物だけに反応させることができます。そのため、扉にカギをかけたり、ドアが開くたびにベルが鳴るようにする必要がありません。

また、アラートに気付けないような場所にいたとしても、スマートフォンを介して、通知がされるので、徘徊行動に対する対応が迅速に行え、介護にかかってくる負担を大幅に軽減させることができるのが、このシステムの大きな特徴です。

BACK

資料請求はこちら