loading

  • TOPICS
  • 顔認証システムを使った医療・介護施設の無断外出防止策

高齢化が進む中、徘徊行動を取る認知症患者も比例して増加している現在。
医療施設や介護施設で、患者や入居者が無断で外出してしまって困っているということはないでしょうか。

顔認証徘徊防止システムLYKAONは、そのような施設のために開発された、無断外出や徘徊行動を防止する顔認証システムです。 社会貢献をコンセプトに、高齢者の安全を守り、そして施設にかかる負担を軽減するために開発されたのが、この顔認証徘徊防止システムLYKAONです。

機能概要

機能概要
  • 顔認証システムにより、患者・入居者の無断外出を検知
  • 無断外出を検知すると、即座にアラートで警告
  • 離れた場所でもスマートフォンや携帯電話、PHSに即座に通知

LYKAONによる無断外出防止フロー

LYKAON導入の際には、次のような運用フローで、無断外出の防止を図っていきます。

STEP.1

フロー1

無断外出の恐れのある対象者を事前に撮像、または写真などから、システムに対象の顔情報を登録。

STEP.2

フロー2

無断外出が発生。
他の仕事に気を取られていたり、多忙時には外出に気づくことが困難です。

STEP.3

フロー3

無断外出をしようとする対象者をカメラが捉えます。
対象者がカメラの設置点に到達すると、カメラを通して顔認証システムが対象者の顔情報を検知します。

STEP.4

フロー4

顔認証システムが無断外出を検知すると、即座に検知アラートとブザーで無断外出が発生したことを知らせします。

STEP.5

フロー5

担当者が近くにいない場合や、非番の管理者など、その場にいない相手に対しても、スマートフォンや携帯電話、PHSに対して即座に通知。
無断外出が発生を、スタッフ全員へ即座に共有します。

STEP.6

フロー6

即座に通知・共有がされることで、迅速に保護。 無断外出による不幸な事故も、もう心配ありません。

メリット

無断外出による事故防止に

事故や行方不明を防ぎます。

タグやセンサーの携帯が不要

タグやセンサーの携帯を嫌がってしまう方に対しても、顔認証システムなら安心して導入が可能です。

検知日時や登録名を即座に通知

検知した時間や検知した人物の名前が即座にわかるので、迅速な状況把握が可能に。

モバイル端末への通知でリアルタイムに察知

検知アラート以外にスマートフォンや携帯電話、PHSへも通知が可能。
遠く離れた場所でも即座に無断外出を察知可能。

人材不足を解消

常時目を光らせて監視をする必要がなくなるため、特に人材不足に悩む介護施設の負担を大幅に軽減することができます。

顔認証徘徊防止システムLYKAON 詳細

BACK

顔認証徘徊防止システムLYKAON

資料請求はこちら