loading

  • TOPICS
  • 徘徊対応にお悩みの介護施設関係者様へ

介護施設に従事している関係者の方へ朗報です

高齢化が進む中、305万人とも言われる国内の認知症患者がしばしば引き起こす徘徊行動は、社会問題となっています。
徘徊行動は、行方不明や熱中症、凍死、交通事故など命の危険もあり、介護施設のスタッフは常時徘徊をしないように目を行き渡らせなければなりません。
万が一、行方不明や事故になってしまった場合、その管理責任を問われてしまうのは介護施設です。

仮に法的責任を問われなかったとしても、世間からの信頼・評判は大きく低下してしまい、その後の回復が非常に困難になってしまいます。
そんな中で、「絶対に事故を起こしてはならない」という負担は、慢性的な人員不足に悩む介護施設にとって、 非常に大きな負担となって施設職員にのしかかっています。

そんな介護施設職員の負担を大幅に軽減させることができるシステムとして、弊社は顔認証技術を応用した徘徊防止システム「LYKAON」を提供しています。

高齢者の徘徊行動を「顔認証」で検知

高齢者の徘徊行動を「顔認証」で検知

「徘徊防止システムLYKAON」は、顔認証技術を応用した次世代の徘徊対策です。
予め、徘徊行動を取る高齢者の顔情報をシステムに登録し、介護施設の出入り口などにカメラを設置することで、 対象の高齢者が外出しようとした時に、警告音とアラートで通知がされます。

また、スマートフォンアプリを活用することで、夜間などの時間帯で介護施設のスタッフが手薄であったり不在の場合であっても、 対象者が外出した際には通知がされるので、迅速に徘徊行動を防ぐことができます。

施設職員に嬉しい4つの特徴

1.徘徊による万が一の事故の防止に

認知症患者が徘徊行動を取ることによって引き起こされる、行方不明や交通事故、熱中症といった事故を未然に防ぐことが可能です。

2.タグやセンサーの携帯が不要

顔情報を使って徘徊行動の検知をするため、認知症を抱える高齢者の衣服にネームタグを付けたり、GPSセンサー等を携帯させる必要がありません。

3.外出時でもスマートフォン端末へリアルタイムで通知

対象者が徘徊行動を取ると、カメラが捉えた情報をシステムを通じてスマートフォンに通知がされ、外出中でも対象者の徘徊行動を知ることができます。

4.介護者不足による精神的・肉体的を解消

社会問題ともなっている介護者不足。
従来では徘徊行動を防ぐにはつきっきりの介護が必要で、人手不足により多大な負担が介護施設職員にのしかかっていましたが、 LYKAONを導入することで精神的・肉体的負担が大幅に軽減されます。

BACK

顔認証徘徊防止システムLYKAON

資料請求はこちら